5年落ち・10年落ちのスイフト – 売却査定時の買取価格相場

車を高く売る

出典:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/styling

スイフトはスズキが2000年から販売しているハッチバック型コンパクトカーです。

日本市場で販売する以前は、海外で「カルタス」や「イグニス」の名称で販売されていた時期もありました。

2代目からは名称を「スイフト」に統一し、スズキの世界戦略車として登録者専用のプラットフォームをベースにボディ・足回りが新設計され、ヨーロッパで足回りをチューニングするなど徹底的に作り込み、日本国内はもとより世界中で高い評価を得ました。

4代目からはマイルドハイブリッドモデル・ハイブリッドモデルが追加され、通常のガソリンモデルと合わせて3種類のパワートレインがラインアップされています。

モータースポーツへの参加も積極的で、ラリー参戦車をイメージした「スイフト スポーツ」も高く評価され、特にMT車は車好きから絶大な支持を得ています。

スイフトの現行モデルは4代目で、2016年より販売されています。

スイフトのユーザーで、新型もしくは他車への乗り換えを検討されている方は、やはり現在のスイフトの査定相場が気になるところです。

そこで、5年落ちのスイフトと10年落ちのスイフトで、それぞれ中古車の査定相場を調査しました。

 

5年落ち(3代目モデル)のスイフトの査定相場

出典:https://www.webcg.net/articles/gallery/30893

2015年(平成27年式)の査定額は以下の通りです。

グレードボディー
カラー
走行距離
(km)
査定時期
(y/m)
買取査定相場
(万円)
スイフト
スタイル
7万2020/227.2
スイフト
スタイル
シルバー4万2020/254.4
スイフト
スタイル
2万2020/346.9
スイフト
スタイル-DJE
Lグリーン8万2020/317.7
スイフト
スタイル-DJE
5万2020/331.1
スイフト
スタイル-DJE
青Ⅱ2万2020/247.1
スイフト
XL
7万2020/220.5
スイフト
XL
シルバー3万2020/320.7
スイフト
XL-DJE
パール5万2020/431.1
スイフト
XL-DJE
パール3万2020/232.9
スイフト
XG
黒M6万2020/612.7
スイフト
XG
3万2020/219.5
スイフト
XG
パール2万2020/323.4
スイフト
XS-DJE
6万2020/621.4
スイフト
XS-DJE
シルバー2万2020/319.5
スイフト
RS
シルバー6万2020/329.9
スイフト
RS
4万2020/638.5
スイフト
RS
パール2万2020/342.4
スイフト
RS-DJE
8万2020/610.9
スイフト
RS-DJE
6万2020/332.0
スイフト
RS-DJE
4万2020/636.6
スイフトスポーツ
ベースグレード
11万2020/625.6
スイフトスポーツ
ベースグレード
6万2020/246.2
スイフトスポーツ
ベースグレード
パール2万2020/265.7
※表内は全て2015年式(5年落ち)のスイフト

 

5年落ちは平均的な査定相場

前述のように2016年に現行モデルへモデルチェンジを実施したため、5年落ちは先代モデルとなります。

5年落ちは30~40万円が相場となり、走行距離が少なく車の状態が良ければ50万円程度の査定が可能です。

またスポーティーなグレード「スイフトスポーツ ベースグレード」は、通常のスイフトよりも高値による取引が確実で、人気による高いリセールバリューを証明しています。

全体の傾向としては他車と同様に、先代モデルは相場の下落が更に進行します。

売却を検討されている方は、早めの行動が賢明です。

 

10年落ち(2代目・3代目モデル)のスイフトの査定相場

出典:https://www.carsensor.net/contents/editor/category_849/_12315.html

2010年(平成22年式)の査定額は以下の通りです。

グレードボディー
カラー
走行距離
(km)
査定時期
(y/m)
買取査定相場
(万円)
スイフト
スタイル
5万2020/28.3
スイフト
XS
9万2020/38.4
スイフト
XG
赤Ⅱ6万2020/77.9
スイフト
XGエアロ
7万2020/36.0
スイフト
XG Cセレクション
青M4万2020/210.4
スイフト
XL
パール6万2020/111.5
スイフト
1.2XG
5万2020/28.4
スイフト
スポーツ
8万2020/75.7
スイフト
スポーツ Fリミテッド
8万2020/214.6
※表内は全て2010年式(10年落ち)のスイフト

 

10年落ちは総じて低い査定相場

2010年9月に2代目から3代目へモデルチェンジを実施したため、10年落ちは先代モデルと先々代モデルが混在しています。

査定相場はモデルに関わらず低く、過走行車は勿論のこと、走行距離が比較的少ない車でも10万円程度で、何とか査定が付く程度です。

売却を検討されている方は、値段が付いている間に行動することをお勧めします。

 

ボディーカラーによる査定額の比較

出典:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/styling

一般的に、カラー別での差額は人気順で決定されます。

中古車市場では人気と需要が密接に繋がるため、人気が高いほど高値が付き、逆に人気が低いほどマイナス査定になります。

スイフトの人気色はホワイトブラックです。

この2色は他車と同様に定番の人気色で、プラス査定になります。

またスイフトにはイエローがラインアップされていますが、これは前述のようにスイフトがラリー選手権などのモータースポーツに参加する際に採用されているカラーです。

イエローは一般的に人気色ではありませんが、特にスイフトスポーツではお馴染みのカラーで、他車では見られない人気を維持しています。

 

時系列による査定相場の推移

査定相場は時々刻々と変化します。現在の査定相場を基準として、過去と未来の査定相場を調査しました。サンプルとなるスイフトは以下の通りです。

グレードRS
型式DBA-ZC72SVFGF-F3
新車購入年月2014年6月
経過年月6年2ヶ月
現在走行距離7.0万km
買取相場30.6万円
出典:https://www.navikuru.jp/souba/suzuki/swift

上記のスイフトにおいて、2020年7月現在の査定相場(30.6万円)を基準とした、時系列による査定相場の推移は以下の通りです。

出典:https://www.navikuru.jp/souba/suzuki/swift
※上記URLのデータを編集して掲載

グラフから以下の内容が読み取れます。

  • 4か月後(2020年11月)には2.8万円下がる
  • 1年(2019年9月~2020年9月)で0.5万円上がる

 

まとめ - スイフトの査定傾向

スイフトの査定相場について調査した結果、傾向として以下の内容が挙げられます。

・5年落ちのスイフト:

 30~40万円の査定相場で、走行距離が少なく車の状態が良ければ50万円を超える査定が可能。スポーティーなグレード「スイフトスポーツ ベースグレード」はプラス査定

・10年落ちのスイフト:

 総じて低い査定相場で、モデル・走行距離・車の状態に関わらず二束三文

・ボディーカラー:

 ホワイトブラックはプラス査定。イエローは一定の人気

・査定相場の時系列推移:

 4か月後には2.8万円1年0.5万円上がる

 

スイフトを高値で売る方法

一般的に、査定相場はモデルチェンジにより不安定になることがあります。

中古車市場は、車種の人気の他に”需要と供給”も価格を決める大きな要素となります。そして中古車の供給が多くなると予測されれば、価格は下がります。

スイフトは2016年にモデルチェンジを実施したため、5年落ちが先代モデル、10年落ちが先々代モデルに型落ちし、査定額の下落は確実に進行します。

現時点で最高値となる今この時が、売却するチャンスです。

正しい手順で査定を受ければ、上記の表のように、5年落ちのスイフトは勿論のこと、10年落ちのスイフトも予想より高い査定額を得ることが可能です。

しかし、ただ単に車買取店で査定を依頼しても、査定士に足元を見られて安く買われてしまいます。

では、どのような手順を踏めばスイフトを高く売ることができるでしょうか。

それは、インターネット無料一括査定です。

インターネットによる無料一括査定は、大手買取店が一括査定することで高額査定が見込める査定方法です。

買取店が一斉に査定額を提示するシステムのため、各買取店が自店で買い取ろうと高値を提示し競合します。

そのため、各買取店が最大限の査定額を提示せざるを得ない状況となり、高額査定が実現できます。

インターネット無料一括査定で提示された査定額を元に、本査定(傷・内装・修復歴等を直接確認するための立ち会い査定)を行う買取店を選ぶだけで、高額査定を実現できます。

スイフトの査定相場がキープされている間に、インターネット無料一括査定で高額査定を実現しましょう。

 

買取店を自由に選択できる

インターネット無料一括査定の最大の利点は、自身で本査定を受ける買取店の選択が可能なことです。

各買取店によって査定基準が異なるため、同一の査定額にはなりません。

よって査定額が最も高い買取店を選んで本査定を申し込めばOKです。他の査定額が低い買取店とは会う必要がありません。

また本査定は出張査定が可能です。買取店で交渉する必要が無く、出張査定で自宅を指定すれば、査定のために外出する手間を省くことができます。

このように、自分の希望に沿った環境で買取査定を実施できるのも、インターネット無料一括査定の大きなメリットです。

 

お勧めの一括査定サイト

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

株式会社リクルートが運営する一括査定サイトです。

参加している車買取業者は500社以上で、参加車買取業者の中から最大30社へ査定依頼が可能です。

また一括査定の他に、電話対応が1社のみオークション形式による売却が選択可能です。

業界大手による信頼と実績は随一で、初めての方でも安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定はこちらから

 

 
タイトルとURLをコピーしました