メルセデス AMG GLB 35 4MATIC(GLB35 AMG)が日本で発売! – 気になるデザイン・サイズ・スペック・機能・価格を調査

新車情報

出典:file:///C:/Users/actio/AppData/Local/Temp/20210112-glb35-fnl.pdf

「メルセデス AMG GLB 35 4MATIC」(以下, GLB35 AMG)が2021年1月12日に発表されました。

GLBは、世界的に大きな趨勢であるSUVのカテゴリーにおいて多様なニーズに応えるべく、2020年6月に新モデルとしてデビューしました。

そしてGLB35 AMGは「メルセデスAMG 35シリーズ」6番目のモデルで、運転性能と快適性が高次元で両立することにフォーカスしたグレードです。

そこで本記事では新たに発売されたGLB35 AMGについて、デザイン・サイズ・スペック・機能・価格を調査しました。

 

GLB35 AMG – デザイン

外装(エクステリア)

出典:https://car-repo.jp/blog-entry-japan-mercedes-amg-glb-35-4matic.html
出典:https://car-repo.jp/blog-entry-japan-mercedes-amg-glb-35-4matic.html
出典:https://car-repo.jp/blog-entry-japan-mercedes-amg-glb-35-4matic.html
出典:https://car-repo.jp/blog-entry-japan-mercedes-amg-glb-35-4matic.html
出典:https://car-repo.jp/blog-entry-japan-mercedes-amg-glb-35-4matic.html
出典:https://car-repo.jp/blog-entry-japan-mercedes-amg-glb-35-4matic.html

GLBは同ブランド「Gクラス」から得られた知見を受け、平面的なエクステリアデザインの系譜が引き継がれています。

またGLB35 AMGは同ブランドのAMGモデルらしいデザインも兼ね備えています。

AMG専用のグリルは、同社のモータースポーツから由来しています。

またクロームメッキ加工した垂直フィンは、1952年にメキシコで開催された公道レース”レラ・パナメリカーナ・メヒコ”で優勝したレーシングカー「メルセデス・ベンツ300 SL」で初採用されたデザインをベースとしています。

そしてフロントエプロンはジェットウィングデザインを採用しています。

リアは、専用デザインのクローム仕上げで円形のデュアルエグゾーストエンドで、スポーティ且つダイナミックなデザインです。

 

内装(インテリア)

出典:https://car-repo.jp/blog-entry-japan-mercedes-amg-glb-35-4matic.html
出典:https://car-repo.jp/blog-entry-japan-mercedes-amg-glb-35-4matic.html
出典:https://car-repo.jp/blog-entry-japan-mercedes-amg-glb-35-4matic.html

GLB35 AMGのコックピットディスプレイは「スーパースポーツ」を含む3つのAMG専用表示モードから選択できます。

オプションの「AMGパフォーマンスパッケージ」*1はフラットボトム型ナッパレザー/DINAMICAとなる「AMGパフォーマンスステアリング」が装着されます。

グリップにはDINAMICAを採用し、ステアリングホイールには手元で走行モードを変更できる「AMGドライブコントロールスイッチ」が装備されています。

スポーク根元に位置するボタンはAMG DYNAMIC SELECTの変更(右側)やスペンション、マニュアルモード、ESPなどの調整(左側)が可能です。

*1: AMGアドバンスドパッケージの同時装着が必要

 

GLB35 AMG – サイズ

サイズ
[mm]
全長4,650
全幅1,845
全高1,670
ホイールベース2,830

GLB35 AMGは全幅をはじめサイズがある程度抑えられているため取り回しが良く、日本の道路事情にもフィットします。

 

メルセデスAMG GLB 35 4MATIC – スペック

出典:https://car-repo.jp/blog-entry-japan-mercedes-amg-glb-35-4matic.html
スペック
エンジン2.0L 直列4気筒
ツインスクロール
ターボエンジン「M260」
最大出力225kW(306PS)/
5,800-6,100rpm
最大トルク400Nm/
3,000-4,000rpm
トランスミッション8速DCT
駆動方式4WD
(AMG
Performance
4MATIC)
WLTCモード燃費11.4km/L

GLB35 AMGは同シリーズらしいハイスペックな仕様で、特に馬力は圧巻の300PS超えです。

高い悪路走破性は高いスペックからも約束されています。

燃費も本格SUVとしては高い数値で、ランニングコストもある程度抑えられます。

 

GLB35 AMG – 機能

出典:file:///C:/Users/actio/AppData/Local/Temp/20210112-glb35-fnl.pdf

GLB35 AMGの主な機能は以下の通りです。

 

サスペンション

  • フロント – マクファーソンストラット式
  • リア – マルチリンク式

※サブフレームを介してボディにリジッドマウント

各リアホイールには、横方向におけるアーム3本とトレーリングアーム1本が採用され、走行安定性とアジリティを確保しています。

「AMG RIDE CONTROLサスペンション」は、ドライバーがサスペンションの制御の3モードから選択できます(標準装備)。

スポーツ性・快適など異なるセッティングが可能で、走行状況や路面の状態に合わせて連続可変式により各ホイールに対する減衰力を自動調整します。

 

ブレーキシステム

  • フロント – 新型モノブロック対向4ピストンキャリパー, 350mmディスク
  • リア – 1ピストンフローティングキャリパー, 330mmディスク

耐フェード性に優れているため、制動距離が短縮されます。

ディスクはドリルドベンチレーテッドタイプで、高い熱の発散性により過酷な使用条件下でもフェード現象を予防します。

 

パワートレイン

ツインスクロールターボチャージャーや可変バルブリフトシステム「CAMTRONICカムトロニック」を採用することで、低回転域では力強く自然なレスポンス、中高回転域では伸びやかな加速感が両立しています。

AMGスピードシフト-DCT8速デュアルクラッチトランスミッションは、全速度域での自然な加速性能、且つ素早いシフトとシフトアップ時の最適なギアチェンジがセッティングされ、俊敏でダイナミックな加減速を実現しています。

AMGエグゾーストシステムには自動制御フラップを装備し、ドライブモードによってバランス重視、もしくはモータースポーツのようなエグゾーストサウンドに切り替え可能です。

 

四輪駆動システム AMG 4MATIC

トルクの前後配分は状況に応じて連続可変制御され、配分比は、前後100:0~50:50の範囲で変化します。

トルクの前後可変配分は、リアアクスルの伝達装置に内蔵された電気機械制御式の多板クラッチです。

トルク配分比に対する影響として、以下の要因が挙げられます。

  • 車速、横・前後方向加速度
  • 舵角
  • 各ホイール間の回転速度差
  • ギア
  • アクセルポジション

また電気機械式制御を採用する持つ主なメリットは以下の通りです。

  1. トルク配分可変範囲全体でクラッチのレスポンスが速い
  2. 動作が速度に依存しない

以上により、シャープなドライビングダイナミクスが得られます。

ESP®が”ON”の場合、4MATICシステムは「コンフォート」モードですが、”ESP® SPORT Handling”もしくは”ESP® OFF”を選択すると、「スポーツ」モードに切り替わりアジリティが高まります。

 

5つのドライブモードとAMG DYNAMICS

5つのドライブモードで、センターコンソールのAMG DYNAMIC SELECTから様々な状況に最適な制御を選択できます。

各ドライブモードでは以下の制御が変更可能です。

  • エンジン
  • トランスミッション
  • サスペンション
  • エグゾースト
  • ステアリング
ドライブモードAMG DYNAMICS
1コンフォートベーシック
2スポーツアドバンスト
3スポーツプラスアドバンスト
4スリッパリーベーシック
5インディビジュアル

1. 快適かつ低燃費の走りに適し、素早いシフトアップやサスペンションとステアリングが快適性重視となり、ECOスタートストップ機能が動作します。

2. スポーティな設定により、アジリティとファントゥドライブを強調したモードとなり、エグゾーストもスポーティなサウンドを響かせ、ECOスタートストップ機能は作動しません。

3. 2に加えてシフトダウン時のブリッピング機能により、エモーショナルな走りを演出します。

4. 円滑なギアチャンジ、素早いシフトアップ、ECOスタートストップ機能により、滑りやすい路面を安全に走れるようにパワーを落としてトルクカーブをフラットに保ちます。

5. 個々の設定を任意に組み合わせ保存し、エンジン設定が「Reduced」「Moderate」の場合はセーリング機能が有効になります。

 

AMGトラックペース*2

サーキット走行時に80件以上の車両データ(車速、加速度など)が記録可能で、ラップタイム・区間タイム・各基準タイムからの差を表示します。

サーキットで何周か走り込んだ後は、そのデータから運転スキルを分析し、必要に応じて改善に役立てることが可能です。

また加減速値(0~100km/h、1/4マイル、100~0km/hなど)の測定・保存が可能です。

GPSデータ、各種車載センサー(加速度、ジャイロスコープ、舵角、車輪速)を使用することで、車両位置を正確に判断する新開発アルゴリズムから、サーキットから離れた状況、コースが短縮された場合も認識することが可能です。

各種データは以下に表示可能です。

  • ワイドスクリーンディスプレイ
  • コックピットディスプレイ
  • ヘッドアップディスプレイ*3

*2: ナビゲーションパッケージ装着時

*3: AMGアドバンスドパッケージ装着時

 

GLB35 AMG – 価格

GLB35 AMGの日本価格は以下の通りです。

グレードメーカー希望小売価格*4
(消費税抜き車両本体価格)
メルセデスAMG
GLB 35 4MATIC
¥7,370,000
(¥6,700,000)
*4:付属品価格、税金(消費税を除く)、保険料、登録に伴う諸費用を含まない車両本体価格で、参考価格です。
また、「自動車リサイクル法」に基づく、リサイクル料金が別途必要となります。
価格は販売店が独自に定めておりますので、詳しくは各販売店にお問い合わせ下さい。

なお、新車購入から3年間は以下のサービスが適用されます。

  • 一般保証修理/定期メンテナンス(点検整備の作業工賃・交換部品)
  • 24時間ツーリングサポート
  • 地図データ更新が無償で提供される走行距離無制限の保証プログラム「メルセデス・ケア」
  • 希望モデルを3回無料で利用できる週末貸出サービス「シェアカー・プラス」

またメルセデス・ケア終了後の2年間、一般保証、定期メンテナンスや24時間ツーリングサポートを利用できる有償のサービスプログラム「メンテナンス&保証プラス*5」が用意されています。

*5: メンテナンスサービスは総走行距離75,000kmで終了

glb35 amgの価格は同シリーズ相応ですが、上記のように無料/有料の各種サービスが受けられるため、amgオーナーとしての喜びと安心感が得られます。

 

GLB35 AMG – まとめ

ここまで、新登場のGLB35 AMGについて紹介しました。

GLBはベンツのSUVの中でも比較的コンパクトなサイズのため、デビューして間もないモデルにも関わらず日本国内でも注目を集めています。

そしてGLB35 AMGは、高次元のスペックとドライビングパフォーマンスを兼備するグレードとして、独自の存在感を示すことは間違いありません。

今後の展開が非常に楽しみです。

 

お勧めの一括査定サイト

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

株式会社リクルートが運営する一括査定サイトです。

参加している車買取業者は500社以上で、参加車買取業者の中から最大30社へ査定依頼が可能です。

また一括査定の他に、電話対応が1社のみオークション形式による売却が選択可能です。

業界大手による信頼と実績は随一で、初めての方でも安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定はこちらから

 

 
タイトルとURLをコピーしました