メルセデス・ベンツ・GLA 180が新型で追加! – デザイン・サイズ・スペック・燃費・機能・価格を調査

新車情報

出典:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/gla/gla-suv/explore/lineup-h247.module.html

メルセデス・ベンツはGLAクラスでガソリンエンジン搭載のエントリーモデル「GLA 180」を新型として追加しました。

GLAの現行モデルは2014年に発表され、日本を始めグローバルに成功を収めた初代モデルからフルモデルチェンジした2代目で、都市での日常生活にマッチしたスタイリッシュかつオールラウンドなコンパクトSUVです。

そこで本記事では、今回新たに追加された「GLA 180」のデザイン・サイズ・スペック・燃費・機能・価格について調査しました。

 

メルセデス・ベンツ・GLA 180 新型 – デザイン

メルセデス・ベンツ・GLA 180 新型のデザインは以下の通りです。

 

メルセデス・ベンツ・GLA 180 新型 – 外装(エクステリア)

出典:https://car-repo.jp/blog-entry-2021-mercedes-benz-gla180.html
出典:https://car-repo.jp/blog-entry-2021-mercedes-benz-gla180.html
出典:https://car-repo.jp/blog-entry-2021-mercedes-benz-gla180.html

メルセデス・ベンツ・GLA 180 新型の外装(エクステリア)は、曲線がより強調されたデザインで、スポーティーさが全面に押し出されています。

 

メルセデス・ベンツ・GLA 180 新型 – 内装(インテリア)

出典:https://car-repo.jp/blog-entry-2021-mercedes-benz-gla180.html
出典:https://car-repo.jp/blog-entry-2021-mercedes-benz-gla180.html

メルセデス・ベンツ・GLA 180 新型の内装(インテリア)は、同ブランドの新型Aクラスのデザインベースを踏襲しています。

また後述の「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス)」が標準搭載され、より快適なドライビングが約束されます。

 

メルセデス・ベンツ・GLA 180 新型 – サイズ

出典:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/gla/gla-suv/facts-and-lines/model-year-update-h2472.module.html
サイズ
(mm)
全長4,415
全幅1,835
全高1,620
ホイールベース2,730

メルセデス・ベンツ・GLA 180 新型のサイズは、全幅が1,850mm以内に抑えられているため、国内の機械式駐車場に対応可能です。

 

メルセデス・ベンツ・GLA 180 新型 – スペック

出典:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/gla/gla-suv/technology/off-road-detail-h247.module.html

メルセデス・ベンツ・GLA 180 新型のスペックは以下の通りです。

スペック
エンジンDOHC 1.4L直列4気筒
ターボチャージャー付
最高出力136PS
(100kW)
トランスミッション電子制御7速A/T
(7G-DCT)

オールアルミニウムのM 282を搭載し、以下の特徴を備えています。

  • 超小型
  • 軽量
  • 高い動・静剛性

ターボチャージャーには電子制御ウェストゲートが搭載され、柔軟な過給圧制御により、低負荷域でも最適な過給圧が設定可能です。

またデルタ形シリンダーヘッドは、従来のシリンダーヘッドに比べて、幅・重量が大幅にダウンしています。

そのほか、インテークマニホールド・エグゾーストマニホールドの半一体型により、コンパクト化を実現しています。

最大圧力250barの高圧インジェクションポンプを省スペースで配置する技術に対して特許を取得しています。

最大圧力250barの高圧インジェクションポンプは、多孔式インジェクションノズルを燃焼室中央に配置することで省スペースを実現し、バルブに燃料ジェットを当てることなく燃料を噴射することが可能です。

そして、以下の工夫によりノイズ低減が図られています。

  • ヘルムホルツ共鳴器(吸気ダクト部)
  • 遮音シール(触媒コンバーター部)
  • カバー着用

 

メルセデス・ベンツ・GLA 180 新型 – 燃費

出典:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/gla/gla-suv/facts-and-lines/utility-h247.module.html
WLTCモード
燃費
14.1km/L

メルセデス・ベンツ・GLA 180 新型の燃費は良好で、ランニングコストを抑えることが可能です。

 

メルセデス・ベンツ・GLA 180 新型 – 機能

出典:https://car-repo.jp/blog-entry-2021-mercedes-benz-gla180.html

メルセデス・ベンツ・GLA 180 新型の主な機能は以下の通りです。

 

MBUX(搭載インフォテイメントシステム)を標準搭載

ダッシュボード上の2画面は”トレンチ”で分けられ、選択したモデル・機器に応じて3バージョンで利用することが可能です。

以下の2通りから操作を開始できます。

  • ステアリング上のボタンを押す、もしくはパネルを直接タッチする
  • LINGUATRONIC(音声アシスタント)に「ハイ、メルセデス」と声で呼びかける

またタッチスクリーンの他に、以下の操作も可能です。

  • タッチコントロールボタン
  • タッチパッド

 

メルセデス・ベンツ・GLA 180 新型 – 価格

価格
GLA 180¥4,950,000
GLA 200 d 4MATIC¥5,030,000
(~2021/5/31)
¥5,180,000
(2021/6/1~)
メルセデスAMG
GLA 35 4MATIC
¥7,020,000
メルセデスAMG
GLA 45 4MATIC+
¥8,950,000

メルセデス・ベンツ・GLA 180 新型の価格は、約500万円で設定されているため、同カテゴリーの国産車と比べても大きな価格差は無く、価格により選考から外れることはありません。

 

まとめ

ここまで、今回新たに追加された「GLA 180」について紹介しました。

GLAクラスで最もエンジン排気量が小さく、その分だけ価格が抑えられています。

同ブランドのSUV車が約500万円で手が届くのは、購入を検討している方にとって嬉しい限りです。

競合車ひしめくコンパクトSUVのカテゴリーにおいて、新たな存在感を示すことは間違いありません。

今後の展開が非常に楽しみです。

 

お勧めの一括査定サイト

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

株式会社リクルートが運営する一括査定サイトです。

参加している車買取業者は500社以上で、参加車買取業者の中から最大30社へ査定依頼が可能です。

また一括査定の他に、電話対応が1社のみオークション形式による売却が選択可能です。

業界大手による信頼と実績は随一で、初めての方でも安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定はこちらから

 

 
タイトルとURLをコピーしました